今年も残りの方が少なくなった

今年もあっという間にあと4ヶ月になってしまった。
一年の2/3は何をしていたのだろうか?
あまり思うような結果にはなっていない
3月は感動の薬師寺
日本バプテスト看護専門学校の閉校はショックだった。


春には洋服制作のオーダーはあったがどうもイマイチ
言い訳しても仕方がないがやはり経験不足がひびく
通販サイトもいまだに常時SSLにはあと一つ

春の間に、夏が来るまでに、お盆までにと予定はたてるが
遅れるばかり
予約頁は8月末までに全て完了予定でしたが、
ペンドルトンがまだできていない
サーペンドルトンとドニガルツイードシャツやら
ユニークで楽しいのがこの秋には入荷予定なんです。

期待していていたこともあったが
最初の一日で「的外れ」だっと気付く
昨日は神戸に寄り道したが、想い出ばかりが脳裏をめぐり少々落ち込んだ。


しかしながら、小さいプライドくらいは持っていないとね。

どうも落書きの女の子は右目がイマイチ覇気がない
絵だけ描いてれば楽だったのになぁ
とか思ったりする時もあったりで
大体60過ぎてから服を縫うなんてのは無茶そのものなんだよね
それでも何年か実務経験があり再開だったらそうでもないだろう
これはスピッツの歌の影響が多いにある
といいながらもヘタクソで思い通りにゆかず、
難渋して眼精疲労肩コリで解熱鎮痛剤飲みながらでも
平面の布が立体になってゆくのは楽しい行為で
絵だけではこの達成感はないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です