色白

この前から軽い疑問
なぜ肌の色が白いことを色白というのか
肌というのを略しているのだろうか?
肌白というとあまりピンとこない
白い色気でもない。

色白といっても東洋人と西洋人では違う
また日本人と中国人や朝鮮人とは違う
やはり日本人の肌の色が白い女性を色白と個人的にはよびたい。

クロスロード遙か、原点を思い起こす


久しぶりのクロスロード陸橋
思えばかなり遠くまで来てしまった感
クロスロード遙か

折角、無理して立ち上げたのに
楽しくないようにしてしまっているようなこの頃
あれほど深い思いがあったのに
自らそれを壊すところだった。

青空洋服店はクチュールでデザイナー主体で
決して日本の昔からある洋裁店ではないのです
洋裁店になってしまってはイカンのです
それで良かったのなら
70年代に家業としてもっと手伝っていた筈
昔風の洋裁店のやり方が好きでなく面白くないのでやらなかった。

こんなのを作ってくれ縫ってくれといわれて
受注したらいけないのです。

副業としてなら良いかとも思ったが
こと洋服制作に関しては
拙い技術とはいえ
そういう妥協することは絶対にやってはいけないのです。

ノッチのある二重衿
深いアームホールの袖
巾広いカフ
自由なドレープ
ツーピースのようなワンピース
ワンピースのようなツーピース

頑張らないでと思っていましたが頑張っている今年そして青空洋服店を再認識する

今年はなんだかかなり頑張っている
無理してやってしまうというのが
一月から何回かありました。
四年前の緊急入院から頑張らないで生活しようと思うようになりましたが
今年はその思いからは遠くなっています。

ところで
青空洋服店は最初簡単オーダー、セミオーダーというコンセプトでしたが
これは日本の洋裁店からの発想でした。

以前の洋裁店というのは一点物のオーダーメイドですが
顧客がデザインを決めるというスタンス
そうではなくて
デザイナーが主体で洋服デザインを決め制作し
デザインは変更せずに顧客のサイズに合わして作るというのが
青空洋服店です。

レベルが違いすぎますが
これはパリのオートクチュールのシステムと同じなのです。
文化を卒業して就職に失敗して父親に説得されて淡路島へ戻って
家業を手伝うことになったのですが
上記のような考え方での洋服制作はできない環境で
洋裁店は仕事としてやりたくなかったのです。
少しは手伝いしたり生地の仕入れなどはしましたが
本来自分の思っている洋服制作とはかけ離れていました。
また1970年代後半ではオリジナルの洋服を作ったところで
この淡路の田舎町から発表する手段がなかったのです。
それで無理矢理洋服制作をやめたのです。

そういう経緯がありました
ですから
こんなデザインの洋服を作って欲しいと
依頼されて縫うということは
以前の洋裁店と同じになり
それでは何のための青空洋服店かということになります
折角「はたらくカタチ研究島 」で立ち上げてもらった「青空洋服店」です
コンセプトは揺らぎ無く守ってゆくので
今後はそういう制作はしないことに決めました。
青空洋服店は簡単オーダーでなくクチュールだったと気付いたこの頃です。

ボッシュ電動草刈り機を買いました

小さな庭ですが
この季節になると、草の生えるスピードは速く
あっというまにボーボーの状態になります
あまりに見苦しいので困ってました。

かがんで草を刈るのはちょっとしんどいし
時間もかかる
そんな訳で電動草刈り機を買いました。

草刈り機といえば
お百姓さんが使う2サイクルガソリンエンジンで
ブンブンと円形刃が高速で回転するのしか思い浮かばなかったのですが
電動草刈り機というのを知る。
ホームセンターなどで見たら
けっこうなお値段で
半分あきらめていました。

ところが
Amazonを彷徨していたら遭遇したのが
このボッシュの電動草刈り機
ボッシュというとマキタなどよりやや高いお値段設定なのが多いのですが
この電動草刈り機はコードレスのバッテリー動作でなくAC電源動作です。
そのせいか驚きの安価
コードは10メートルで少々短いかと危惧していましたが
我が家の庭では丁度良い長さでした。

品物が届き驚いたのは刃がないということ
これでどうやって草を刈るのだろうか?と大きな疑問
実際に地面に接する部分を見ると
ヒョロヒョロといた電線コードみたいなナイロンコードがありカッターナイフの刃みたいな刃が付いていた。

ナイロンコードで草を引っかけまとめ
カッターナイフみたいな刃で切るという仕組みでした。
そんなわけで多少草や小石のはね飛びはありますが
エンジン機の回転刃よりは格段に安全性が高いです。

↓の画像右下の突き出たのが刃で
真ん中の回転部分についているのがナイロンコード
このヒョロヒョロしたので草を引っかけまとめて
右端の刃に持ってゆきます。



使ってみたら手で刈るよりは格段に早く体力も使わず
とてもに楽に庭の手入れ完了です
小さな低い草は残りますが
これは◎の良い買い物でした。

かれいしゅう

かれいしゅう
かれーしゅうと聞けて
カレーの匂いのしみついている人かと思った

漢字を知り
ああそうかと思った
自分も無関係ではない年齢になってしまった
そういえば幼稚園児のころ
どこかだったかの家でそこのおばあちゃんの匂い。。
というのを思い出す。

最近は耳の後ろなどより丁寧に洗うようにしている
死ぬまで現役
死ぬまで青春と思っていても
体の変化は食い止められない。

明石の神戸大学付属幼稚園

昨日、JR明石駅ホームで新快速を待っていたら
白い袖無しスモック(ベストのようなよだれ掛けのようなデザイン)を着た幼稚園児とそのお母さんにたくさん遭遇
制服らしき中々形の良い合成皮革バッグをたすき掛け
「神戸大学付属幼稚園」の金文字が目に入る。
明石にあるみたい。

神戸大学は国立だから
私学の慶応や同志社みたいに大学まで一貫でもないだろうと思っていたら
園児の多くは神戸大学付属小学校へ進学するらしい。

スモックは白でロイヤルブルー5ミリパイピング仕立て
縫うのは面倒だなぁと思ったり
黄色い名札には名前でなく番号だったのにも少々驚く。

新しいSquare Reader

paypayが話題になっていますが
いつまでも手数料が無料なわけがありません
paypayのようにスマホ決済ではありませんが
キャッシュレス決済の時代
クレジットカード決済といえばやはりSquareではないでしょうか
新しいSquare Readerも登場して
まもなく電子マネーにも対応する予定だそうです
僕もこの新しいSquare Readerは導入する予定です。

薬師寺ライブ

クラシックのピアノコンサートのポスターが貼ってありましたが
まさかこんなに薬師寺でライブが開催されていたとは驚き

大講堂がステージで振り向ければ金堂と東塔と西塔
最高に気分が高揚するシチュエーションではないですか。
好きなミュージシャンの薬師寺ライブがあったら行きたいです。

まさかのAKB48