AirMacExpressその後   WiFiルーターで音が変わるのは経験していたが 親ルーターが替わったので音が硬くなった WiFiルーターもエイジングが必要なのか


AirMacExpressをeoルーターの新しいWi-Fiに接続するのに何か方法があるはずと
検索したみたらあるサイトがヒットした
(常時SSLサイトでないのでリンクはしません、
安易にリンクするとcozyの蒼いノートは常時SSLでなくなります)

ネットワークにつながっているMacと
LANケーブルでAirMacExpressを接続して
AirMacExpressをネットワークにつなげてから
AirMacユーティリティでAirMacの設定をする方法です。

。。。そういえば古い68KMacでローカルネットワークというのを思い出す。
無線LANなど皆無の時代だった。。。

話が脱線しましたが
ネットワークにつながっていないと
AirMacExpressはAirMacユーティリティの設定対象にならないのだそうです。
考えたら当たり前か。。。

さて、そのとおりにやってみたら
AirMacExpressはスンナリAirMacユーティリティーに認識される
AirMacExpressのアイコンをクリックして
eoネットワークを選択したらしばらくすると
AirMacExpressはネットワークにつながった。

LANケーブルを外していつもの位置に置き
デジタルアンプを接続して再起動
iTunesからもAirMacExpressが選択可能になった。

ところがCHP-70の音が変わった
やや硬いギスギスした音になった
Wi-Fiルーターで音が変わるのは経験していたが
親ルーターが新しくなったので音が変わった
Wi-Fiルーターもエイジングが必要なのかもとか思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です