小指の想い出がヒットしたことが伊東ゆかりの悲運

伊東ゆかりが悲運なのは「小指の想い出」がヒットしたことだ。
それまではカンツォーネとアメリカンポップスの歌手だった。
「小指の想い出」のヒット後 無理矢理歌謡曲歌手にさせられたことだ。

その後「恋のしずく」くらいでヒット曲がなく
40代になってまたポップスに戻ってきた
CDが出現した頃
JPOPや日本語ロックが当たり前になっていった頃ではなかったろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です