HKマスク 香港マスクを試作中

オックスフォードHKマスク


HKマスクは香港の化学者 鄺士山(クウォン・シーサン)氏が
発案したDIYの布マスクです。
布マスクは抗菌マスクに比べて性能が低くて
作っても意味がないと思っていましたが
HKマスクは布マスクながら
N95マスクの最大90%の0.3μmの粒子捕集効率性能を発揮するそうです。
またHKマスクが良いと思ったもう一つの理由は
パターンを見て、直感で人の顔面にフィットするだろうということです。

この新型コロナウイルスのご時世
マスクなしでは断られる店、医院も増えてきて生活必需品になりました。
既製の不織布マスクも少量は持っているが
無くなってドラッグストアに並ぶのも馬鹿馬鹿しいので
試作してみました。

最初はサイズLでトワル制作に使うシーチングで作りました。
想像したとおり、あごの下までカバーして上々のフィット感

HKマスクは二重になっていて
その間にキッチンペーパーやテッシュペーパーをフィルターとして挟みます

そして耳ゴムだけでなく頭部に二つのテープで固定します。
これでN95の90%〜40%の粒子捕集効率性能を発揮するそうです。


HKマスク
HKマスク
HKマスク
HKマスク

サイズLシーチングマスクは小顔の僕には少々大きかったので
サイズMを試作
今度はブルーオックスフォードで試作しました
(最上部の画像)
裏ガーゼにして平ゴムで作ったら
縫製が甘く裏が少しあまりました。
翌日にマスク用丸ゴムが届いてたので
作り直しました
折り代と縫い代の始末とヘッドテープが一考有りと
目の下とあごのパターンも軽く修整します
これが解決したら販売も考えています。

ブルーオックスフォード
マドラス
シアサッカー
ギンガムなどなど
既成の使い捨てマスクにない洋服とのコーディネイトが楽しめて
高い抗菌性能で安心して使える青空HKマスクになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です