Appleは古いOSも使えますと言っているがこれはトラブルもあります

先週の土曜日に
Macmini Late2012のMacOSを10.11ElCapitanから10.15Catalineにアップグレードしようとした。
午前中には完了するだろうと思っていたがエラーの連続で、いまだに完了できていません。

このブログは以前使っていた外付けHDDを消去してバックアップ用外付けSSDのTime Machineから以前の環境を復元して書いています。

内蔵SSDに上書きインストールをしたのが間違いだったようです。
空っぽのストレージである外付けHDDも
現在使用中の10.11ElCapitanを復旧モードでインターネットからインストールするにはTERMINALで10.11発売日の2015年12月31日にdateコマンドを修整しないとインストールできません。


要するにAppleは古いOSもダウンロードしてインストールできますと言っているが、これは難しいところもあるようです。


仕方がないので復旧モードでTimeMachineから別ストレージにインストールして起動ディスクを選択する裏技でMacを起動しています。

OSばかりインストールしていると仕事にならないので、
今は上記の状態で使っています。
10年使ってサポートも切れているMacminiだから
とうに新しいマシンと買い替えるのは当然でしょう。
GoogleChromeも推奨環境はElCapitan以降なのでギリギリの環境です。

そのせいかChromeは変な表示で困ることが多い。
青空洋服店サイトはShopifyで運営していますが
「保護されていない通信」と表示され、おまけにShopifyのCSSを読み込みません。

当然管理画面などはログインもできない状態です。

別ブラウザFirefoxも最新ヴァージョンは使用できず
FirefoxもShopifyはちょっと前までは管理画面が表示されて更新可能でしたが
このOSアップデートのエラーから使えなくなりました。

サブマシンのHP ENVYは最新のWindows11なのでWindows版ChromeもShopifyも全く問題ありません。
Windowsをメインマシンにすれば何の問題もないのですが、
僕は長年Macで慣れ親しんでいるのでメインの仕事マシンはMacになりますね。

MacminiLate2012はOSのヴァージョンは、どれになるか分かりませんが内蔵SSDから起動するようには復旧したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。