マフラーの巻き方

最近鏡を見るとつくづく年を取ったと感じる
またまた頭髪が薄くなった。

右中央部が薄くなり段差ができ富士山山頂みたいになってきた。

今日は散髪をしてきた
首筋が寒いので
室内でもペンドルトンマフラーを巻いている。
巻き方は広目に二重にゆるく巻いて(この方がデッドエアを含んで暖かい)
端を巻いたロール状のところに挟む。

マフラーはジャケットやコートで巻き方を変えるけど
この巻き方は学生時代と変わらないじゃないか。

容貌は変わってもあまりファッションセンスも気持の持ちようも変わっていない。

まだまだ新しい色々なことをやってみたいと思ってます。

ところでこのジョンストンズマフラーは浅めのブルーが洒落てます
タータンです。

「英国ニット専門店にいみ」はトレンドを追うより店のカラーというか個性を変えずにやってゆこうと思っています。

自分がデザインする白い少女服に
マッチするようなアイテムを仕入れるのも面白い
もちろん白い少女服以外の洋服にも着られるニットウェアやマフラーです。

バブアーやミリタリーウェア、ワークウェアなどのハードなジャケットを
可愛いピンタックやフリルやレースの洋服に合わせるのも良いものです。
とこれは何年も前から何回もブログに書いていることですけどね。
ハードなジャケットの衿元の女性の細いうなじというのが良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です