重いカメラ

久しぶりに梅田のヨドバシへ寄り道
Macとカメラの現物を見て触るのが目的

EOS一桁機はシャッターの感触も音も素晴らしく良い印象ですが
何しろでかくて重い
中判デジカメは勿論、ミラーレスもレンズが大きく重い
EOSKISS90xというカメラもシャッターの感触など良い感じだったが
何故か大きく重い印象。
となるとやはりコンデジ
リコーGRIIIがまもなくだったか、もうリリースされたのだったか?
リコーから派遣されている店員さんがGRIIはこれっきりですよと勧めてきた。
形としてはGRIIIの方がトップカバーが出っ張りのないのが好ましい
まぁ中古のGRでも良いのだけどね。

MacBookシリーズも高性能なのは重くなり
スペックの低いのは重量も軽い

必要なスペックと重量を天秤にかけて解をもとめよう
お値段のことありますしね。
とにかくモバイル機器の重いのは僕はダメです。

フィルムファイル

以前は写真を撮るとタイトル年月カメラレンズフィルムASA感度など撮影データをノートに万年筆で記していた。
これは結構楽しい作業でした。
Macを使い出してファイルメーカーで管理するようになった。

しかしデジタルになってからは
OSとLightroomなどのソフトウェアが管理してくれるようになった。

便利な様で厚かましいスライドショーなども勝手に作ってしまう。
面白いのもあるけどピント外れもあったりで
もういいやと思ったりする時もある。

下手ながら70年代半ばから後半のモノクロフィルムの頃の写真にひかれる。今日はちょっと行方不明で出てこない。

90グラムの疲労度

古いEOSKissX2は
EF-S18~55mmf3.5~5.6が常用レンズでした。

何本もレンズを所有してるのでなく
ヤフオクで落札したこの中古標準ズーム一本だけなのでおのずとそうなのですが、
昨年からレンズが2本にりましたが
レンズ交換しての撮影はほとんどなく
古いEOSKissX2は最近EF-S24mmf2.8ばかりでこの見た目は貧相で色気のない単焦点が標準レンズになってしまった。

フォーカシング動作も違い能力もこちらが高い、f8あたりが一番シャープに写る感じ。

ボディに装着しての重量は
EF-S18~55mmf3.5~5.6が800g
EF-S24mmf2.8が710gで
90gの差
たった90gですが持ってみて首にかけると随分と重く感じます。

もとより体力がないので撮影機材に限らず
身に装着する物は軽い方が好ましい。
若い頃は自身の体力など考えず
フラッグシップ機に憧れた。

90gの差は大きく体力消耗が随分違う。
旅行にカメラを持ってゆくとなるともっと小さく軽いカメラが良い。

いくらブランド品の名品でも重いラゲッジも好ましくない。
ラゲッジ内のスペースも考慮すると
カメラがもっと小さく軽く、ある程度高性能なのが欲しい。
35mm換算で28mmでAPS-Cならば18mmの焦点距離が好ましい。
ミラーレスはボディは小さいが如何せんレンズが大きすぎるのが好ましくない。
フルサイズデジタル一眼レフは欲しいけど商品撮影だけでよいと思うこの頃です。


彼のオートバイ彼女の島・・・彼女のキヤノネット

カワサキはともかくキヤノネットクロームが登場するではないですか
ファインダーの前に指がかかってるし、あのシャッターの押し方ではまずブレるでしょう。
僕のキヤノネットはブラックです。
キヤノネットはクロームが日本製でブラックは台湾製なのが気に入らない。
大阪の中古カメラ店でさわったキヤノネットクロームはファインダーも断然クリヤで
カメラの手触りと質感が違っていた。

ところでこの原田貴和子さんは原田知世さんのお姉さん