オックスフォードボタンダウンHKマスク

オックスフォードボタンダウンHKマスク

ブルーオックスフォードHKマスクは友人からボタンダウンにしたら可愛いというアドバイスを頂戴して、オックスフォードボタンダウンHKマスクにすることになりました
上の画像はボタンを仮置きしてのイメージ
ボタンダウン化はパターンと縫製手順を変更する必要があり
そしてボタンホールを開けてボタンを付けるという手間が増えます
しかしマスクがより魅力的になるのは間違いありません。

その前にヘッドテープを付けて正式装着を試みた
伸び止めに使うテープでやってみた。
一本のテープを輪にして首にかけ後頭部で結ぶのと
2本のテープを左右に付けて上下で結ぶ方法があります
今回は前者の方法を試みました。

輪にして頭からかぶり
そしてマスクを顔面に付けて左右のテープを引っ張って
フィットさせます。

これは感動のフィット感です!
耳ゴムだけでは少々脇が浮きますがそれが無くなります
N95と同様のフィット感です
そして息苦しくありません。
画像よりもう少し上で結ぶのが正解です。

オックスフォードボタンダウンHKマスク
オックスフォードボタンダウンHKマスク
オックスフォードボタンダウンHKマスク

その翌日にはノーズワイヤーが入荷したので
ステッチを少しほどきマスク前上部に入れてみた。
感動フィット感が倍増です

オックスフォードボタンダウンHKマスク

そして今日はヘッドテープをやや細いポリエステルサテンテープ2本で試着
これはあまり良くなく
一本で輪にする方が良かったです。
テープが細すぎるのは締めつけるとキツクなりダメでした。
ヘッドテープはまだ一考ありです。

次は最初に戻りボタンダウンのパターン修整です
昨日まで悩んでいた縫い代の始末は
一度洗濯して結論がでました。

オックスフォードボタンダウンマスク

木綿ブロードプリントなどの自作マスクは恐ろしく出回っていますが
どれも家庭洋裁的であります。

英国ニットウェアや米国トラッドにコーディネイトして
雰囲気の良いマスクは皆無にちかいです。
それならば作って見ようというのが発端です。
それとHKマスクの高性能ゆえの魅力もあります。
まもなく完成すると思います。

オックスフォードボタンダウンHKマスク

HKマスク 香港マスクを試作中

オックスフォードHKマスク


HKマスクは香港の化学者 鄺士山(クウォン・シーサン)氏が
発案したDIYの布マスクです。
布マスクは抗菌マスクに比べて性能が低くて
作っても意味がないと思っていましたが
HKマスクは布マスクながら
N95マスクの最大90%の0.3μmの粒子捕集効率性能を発揮するそうです。
またHKマスクが良いと思ったもう一つの理由は
パターンを見て、直感で人の顔面にフィットするだろうということです。

この新型コロナウイルスのご時世
マスクなしでは断られる店、医院も増えてきて生活必需品になりました。
既製の不織布マスクも少量は持っているが
無くなってドラッグストアに並ぶのも馬鹿馬鹿しいので
試作してみました。

最初はサイズLでトワル制作に使うシーチングで作りました。
想像したとおり、あごの下までカバーして上々のフィット感

HKマスクは二重になっていて
その間にキッチンペーパーやテッシュペーパーをフィルターとして挟みます

そして耳ゴムだけでなく頭部に二つのテープで固定します。
これでN95の90%〜40%の粒子捕集効率性能を発揮するそうです。


HKマスク
HKマスク
HKマスク
HKマスク

サイズLシーチングマスクは小顔の僕には少々大きかったので
サイズMを試作
今度はブルーオックスフォードで試作しました
(最上部の画像)
裏ガーゼにして平ゴムで作ったら
縫製が甘く裏が少しあまりました。
翌日にマスク用丸ゴムが届いてたので
作り直しました
折り代と縫い代の始末とヘッドテープが一考有りと
目の下とあごのパターンも軽く修整します
これが解決したら販売も考えています。

ブルーオックスフォード
マドラス
シアサッカー
ギンガムなどなど
既成の使い捨てマスクにない洋服とのコーディネイトが楽しめて
高い抗菌性能で安心して使える青空HKマスクになるでしょう。

セイコ

青空洋服店セイコ

二日前に仕立て上がる
サンプルです
二三箇所 パターン修整と始末の変更が必要
変わってゆくデザイン
5年前に青空洋服店を立ち上げたときとは変わった
透ける薄物
ドレープ
フレヤ
ティアード
しかし
落書きだけだった頃は
作るのが前提でなかったので
自由だったような気もする
一昨年のリサは以前に描いた落書きを実際の洋服にした
リサは今まで一番難産だった
ずいぶん考えどうしたら実際の洋服になるのかと悩み試行錯誤した。

今回のセイコは未消化のところもあるが
セイコのスカートは今までで一番まともにドレープが落ちている
縫製の正確さも自分なりに出てきた。

サイトがない青空洋服店
理由は英国ニット専門店にいみにリンクしていた
カラーミーで作った青空洋服店サイトがhttpで常時SSLでなく
英国ニット専門店にいみの常時SSLを拒んでいたのと
カラーミーというのは有料オプションをつけないと
まともなサイトにならないということ

青空洋服店サイトも復活します。

上の写真はホワイトバランスがあっていない
まぁいいかという気分
ホワイトバランスがあっているのは下の写真

青空洋服店セイコ

久しぶりの休日

実店舗は日曜日は定休日です
しかし今月は全く休みにならなかった。

今日は久しぶりの休日らしい休日になりました
午前中から外出
天気も良い
久しぶりの休日らしい休日になった。

帰ってきてガレージのシャッターを上げて
店へのドアを開けたら
この風景
暗い店内で
作りかけの白い洋服が東の窓の外光でくっきり浮かびあがっていた。

青空洋服店を立ち上げた6年前は
こんなにフリルひらひらじゃなかった
フリルもだが薄物になってしまった
まぁ
色々と変わってゆきます
変わったゆく自分がわからない。

青空パンツ

青空洋服店は少しだけの制作ながら
ワンピースばかりです
なぜならワンピースは女性だけのものだからです。


エプロンは好きなのでエプロンやタブリエも作りました。


この前から浮かんだのがパンツです
青空パンツ
フリルがつきますが下着じゃないんです。

無性に洋服を作りたくなる時

秋冬はどうしても英国ニットウエアがメインになってしまうので
洋服制作はおざなりになる。
ここ三ヶ月くらいは制作途中の洋服もほったらかしで未完成
それなのに、また新しいのを作りたくなる。

新しいアイデアが浮かんだ時
とてつもなく素敵な洋服に遭遇した時
理由はともかく
ピンを打ってハサミで裁断してパターンを作ってミシンを踏みたくなるのです。

青空洋服店処女作ホワイトララを久しぶりにスタンに着せたら
あの5年前を思い出し
今 そんな気分

青空Fと青空P

今まで作ったのは
5〜7号サイズの女子服と110サイズも子供服
4年にもなるのにたった数着

この頃
13号より大きなサイズも作ってみようかと思う次第
大きめの可愛い服
今まで作ったのでも可能ですが

青空Fということにしましょうか

もう一つクチュールでなくフリーサイズの半分既製服
これも思いつく
名称は青空P

こういうことはすぐ決まる
作るのはなが〜〜く時間がかかるけど

縞の洋服

そうだねぇ
若い頃からずっと思ってるのが
「縞のワンピース」
ブロードの縞
ビッグシルエット
分量たっぷりの袖
胸にはピンタック
切替は一本別布を入れてそこからソフトプリーツ
ティアードはどうなるかわからない。

と思い出しての妄想
落書きしようかと思ったらクロッキー帳が最後になっていた
やっぱいつもの「東京海上のメモパッド」は小さく
全体を描くにはだめで
部分だけの「ほんとに落書き」で実際に制作するとなると困ることも多い
といって小さく全体を描くのはチマチマして良くない。

縞の洋服はいわば原点回帰かも。

青空洋服店のいろいろ

仕事でやってるのだから売れないといけない
オーダーが入ってこそ仕事

超低空飛行の青空洋服店
趣味でやってるのかと言われることもある。

ところが注文が入るとやたらと忙しくなる
望んでいたことではあるが
あっちをたてればこっちが立たずで
どうも具合が悪く悩んでしまう。

手抜きでやるのは性に合わない
拙いながら持っている知識と技術で出来る限り良くなるように努めたい。

それでも四年前と較べると馴れと勘所も思い出し
早くなったのも間違いない。

支離滅裂で何を言ってるのかわからない
気ままに頭に浮かぶことを書いてるだけ

それでも楽しい仕事であるのは間違いのない事実

しかしながら
あの落書きが実際の洋服になるとは夢にも思ってなかった
10年くらい前はそうだった。

中学生か高校生でモデルになってくれる女子がいないものだろうかと最近願う。

今日は平面裁断と立体裁断をミックスしながらパターンを起こしている
タックの分量を試行錯誤。