High Line

ゲイリー・ピーコックが逝ってしまってとても残念ですが
最近よく聴くのがこのアルバム
Robert Kaddouchという全然未知のピアニストとのデュオアルバム
キースジャレットと演奏してる時とは違うゲイリー・ピーコックと聴けます。

ゴダールみたいなオーネットコールマン

と言ってもジャケだけである。ピアノが入ったクインテットはハードバップとフリーの過渡期みたいな演奏

今日はする事を早く片付けてレコードを聴こうと思っていたが日曜日なので朝にゆっくりしすぎて今になってしまった。

する事とはブラウスを仕上げる事だったが衿が出来ただけになってしまった。

コロナ禍の今、たまにアップルみたいな好調の企業もあるが、たいていの企業は業種に関わらず大変だ。いっそどうせダメだったら居直ってホンマにジャズ喫茶ゆかりをするのも良いかも?とか思ったりする。だいたい青空洋服店なんて居直りの際たるものではないか。とまた妄想をブログに書く。ブログに妄想を書くと現実になる。

Dave Valentin Antonio Hart

ラテンバンドかと思ったが
ジャズ畑のミュージシャンがラテンリズムで演奏しているみたい

Dave Valentin がフルートで
Antonio Hartがアルトサックス

最近のというか世間には未知の素敵なミュージシャンが多いなぁ

と思ってよく見ているとこの前のと似てるなぁと思ったら
Dave Valentinは既出だった↓
失礼

検索したら僕と同い年ではないか!

The flute in Latin Jazz

最近古いフルートを出してきて
ロビンソンなど吹いて楽しんでいる
この動画は全然知らないフルート奏者ばかり
じっくり聴くと
4番目のDniloLozanaが素晴らしい
バックの引きずるようなゆっくりとしたリズムも素晴らしい。

今はお手本になる動画が見られて良い時代と思う。