ジョンスメドレーとジョンストンズが入荷しました

ジョンスメドレーISISはシーパルグリーンという柔らかみのある中間明度のグリーン 新色

ジョンスメドレーWHITCHURCH Vネックカーディガン
デュードロップ 新色

ジョンストンズメリノストールはブルー&イエローというオリジナルプレイド

どれも素晴らしく美色です。

「バーゲンSALEです」はおひな祭りで終了です

大好評の「バーゲンSALEです」は

本日 おひな祭りで終了です
春物ジョンスメドレーレディスが半額
と素敵な残り福あります。

h

フィルムファイル

以前は写真を撮るとタイトル年月カメラレンズフィルムASA感度など撮影データをノートに万年筆で記していた。
これは結構楽しい作業でした。
Macを使い出してファイルメーカーで管理するようになった。

しかしデジタルになってからは
OSとLightroomなどのソフトウェアが管理してくれるようになった。

便利な様で厚かましいスライドショーなども勝手に作ってしまう。
面白いのもあるけどピント外れもあったりで
もういいやと思ったりする時もある。

下手ながら70年代半ばから後半のモノクロフィルムの頃の写真にひかれる。今日はちょっと行方不明で出てこない。

アナーキーな音と音楽

フリージャズはその代表的な音楽
60年代中頃まではそうだったのかもしれませんが
アルバート・アイラーがいくらテナーサックスを必死で吹いても
ジミ・ヘンドリックスのストラトキャスターには敵わない。

ジミ・ヘンドリックスはフリージャズの死亡告知みたいなもので
その後ジャズは普通の4ビートのスタンダードなジャズになったりした
アナーキーなジャズの進化は
ジミ・ヘンドリックスの登場で終わったのではないでしょうか。

いくらマイルスがトランペットにマイクをつけたところで
ロックギタリストが大野外ステージでジャーン一発で
ジャズは消し飛んでしまったのです。
と60年代末から70年代の音楽を想い出す。

アルバート・アイラー+ドンチェリーのセッションを聴いて
モンタレーのジミ・ヘンドリックスを聴いた。

青空ファッションショー

といっても屋外ファッションショーではなく、青空洋服店のファッションショー。

自分のブランドを立ち上げたのだから

次はファッションショーとなります。

青空を超低空飛行していますがそんなことよりファッションショーです。色々と妄想をふくらますw

最低30着から50着は必要でしょう。音楽は一曲は決まりです。オープニングにするかエンディングにするか?

モデルさんは知人に着て欲しいのは否定できないが、ランウェイウォークを体得してもらうのも。。。と思うとモデルさんの卵みたいなこある程度慣れてる人が良さそうです。

当然一人ではできないので青空チームを作らないといけない。

会場は島と別のところとこじんまりと店内と三ヶ所

とまたまた妄想

これ同じ事を何回書いてるのでしょうか?


ユカとジョンスメドレー

ユカにジョンスメドレーS3786カーディガンを羽織らせた。

ユカは
ピンタックとティアードのクラシカルなワンピース

ジヘザーグレイいわゆる霜降りグレイのクラシカルなクルーネックカーディガン

佳き相性

ジョンスメドレーはこれからのシーアイランドコットンカーデイガンですが
「バーゲンSALE」なので半額です!
継続のカーディガンですが上質な貝釦のタイプです。