東京へ行ってきた

先週の金曜日に一泊二日で東京へ行ってきた
四年ぶり
東京へ着くと雪がちらつく何とも冷たい空気
仕事の目的地は中目黒
徒歩10分くらいで取引先に到着するのは分かってはいたが
初めての場所で雪の中を歩くのもしんどいのでタクシーに乗った。

パンセレラと新ブランド「アランペイン」を発注した
以前大変お世話になった気心の知れた方で気持の良い発注だった。
もう一軒近くの取引先へ移動して
これも目玉のカシミヤを発注
いつもの大阪行より2時間早く起床したので
想定外に早く仕事は完了。

長男と新宿での約束予定時間までかなりあり
どうしたものかと思ったが
渋谷まで東横線で移動
久しぶりに渋谷も良いだろうと
冷たいながら雪もやんだので
渋谷を歩く。

渋谷は公園通りと道玄坂、ファイヤー通りが馴染みのある通り
アップルストアでも行こうかと公園通りを歩き出す。
朝早く起床したので流石に疲れを感じたので
アップルストアの向こう側の喫茶店に入った
昭和などうでもよい喫茶店だが客は多い。

注文を取りにきたウエイトレスさんは
驚いたことに
青空リエを生身の人間にしたような女性で
原田知世なみの透明感と
10代の頃の優ちゃんのような健康的な体形

椅子にすわり横の壁を見るとコンセントがありiPhoneを充電

時間はあるし
アテもなく寒い坂の渋谷を歩くのもシンドイので
しばし考える。

そうだあのIVYビスポークテイラーが近くの筈と検索した。
歩き出したが東急ハンズあたりというのはあまり知らない場所
電話して到着したのがテイラーCAID

店主はサックスを吹くジャズマンでもある
ハンマートーンのレコードプレイヤーが何とも気になり
洋服そっちのけで拝聴させていただいた。
その後はトラッド談義に花が咲きあっというまに時間がすぎた。

渋谷から新宿へは山手線で移動したが
渋谷駅に到着した電車を見てぎょっとした
ひどい満員電車は今までいくつも経験したが
これまでの人生で一番強烈な満員電車だった。

これで事故で止まったりしたらと思うとぞっとする
恐怖感をおぼえるくらいの満員電車
原宿まででもあまりに息苦しいので
代々木で下車して中央総武線に乗りかえた
黄色い電車も満員だったが呼吸ができてほっとした。

新宿南口は学生時代に毎日利用した場所
懐かしさもあったのか
宵闇の冷たい空気感は同じだった。

長男は多忙で20時の約束しかできなかった
いつもならとっくに寝仕度の時間だが
久しぶり再会と新宿が楽しい。
食後にお茶でも思ったが
22時以後はスタバくらいしかなかった
外でカフェモカを飲んだが
やはり寒くて店内で立ち飲みした。

翌日はすぐ新幹線で帰るのも面白くもない
同級生や逢いたい人も多い東京だが
今回は直前まで未定だったので約束もできなかった。

さてどうしようかと
中央総武線に乗って御茶ノ水で乗り換えだったが
御茶ノ水は大好きな場所なので下車。

まずはレモン画翠
学生時代はカルチェラタンというような雰囲気で
同じ画材でも
レモンのはデザイン画が上手く描けるような気分にさせてくれたもの
当時の雰囲気はなくなっていた。
残念ながらまだ時間が早く店は閉まっていた。

そして山の上ホテル
ホントはここに宿泊したかったのですが予約不可でした
ロビーで珈琲でもと寄る。

山の上ホテルでは
ファッションディレクター赤峰幸生氏と遭遇
白人写真家が氏を撮影していた
山の上ホテルロビーは最高のロケーションだろう
スタッフの女性にたずねたら
世界中の人々を撮影して本にするそうです。
赤峰氏は小柄チェックジャケットにトレントコートを颯爽と羽織り
流石のカッコ良さでありました。

山の上ホテルを出て歩くと
御茶ノ水は元々楽器屋さんが多い街だったが
以前よりぐっと多くなっているのに驚く。

オーディオユニオンを御茶ノ水で忘れてはいけないのだ。
学生時代にLUX SQ503の中古が格安だったので買ったことを思い出す
あのアンプは中々良かったですよ。

QUAD22にクラクラとなったがここは散財を我慢
長居していると危険な場所

とこんな感じの一泊二日の仕事やら色々の東京でありました。

マフラーの巻き方

最近鏡を見るとつくづく年を取ったと感じる
またまた頭髪が薄くなった。

右中央部が薄くなり段差ができ富士山山頂みたいになってきた。

今日は散髪をしてきた
首筋が寒いので
室内でもペンドルトンマフラーを巻いている。
巻き方は広目に二重にゆるく巻いて(この方がデッドエアを含んで暖かい)
端を巻いたロール状のところに挟む。

マフラーはジャケットやコートで巻き方を変えるけど
この巻き方は学生時代と変わらないじゃないか。

容貌は変わってもあまりファッションセンスも気持の持ちようも変わっていない。

まだまだ新しい色々なことをやってみたいと思ってます。

ところでこのジョンストンズマフラーは浅めのブルーが洒落てます
タータンです。

「英国ニット専門店にいみ」はトレンドを追うより店のカラーというか個性を変えずにやってゆこうと思っています。

自分がデザインする白い少女服に
マッチするようなアイテムを仕入れるのも面白い
もちろん白い少女服以外の洋服にも着られるニットウェアやマフラーです。

バブアーやミリタリーウェア、ワークウェアなどのハードなジャケットを
可愛いピンタックやフリルやレースの洋服に合わせるのも良いものです。
とこれは何年も前から何回もブログに書いていることですけどね。
ハードなジャケットの衿元の女性の細いうなじというのが良いのです。

90グラムの疲労度

古いEOSKissX2は
EF-S18~55mmf3.5~5.6が常用レンズでした。

何本もレンズを所有してるのでなく
ヤフオクで落札したこの中古標準ズーム一本だけなのでおのずとそうなのですが、
昨年からレンズが2本にりましたが
レンズ交換しての撮影はほとんどなく
古いEOSKissX2は最近EF-S24mmf2.8ばかりでこの見た目は貧相で色気のない単焦点が標準レンズになってしまった。

フォーカシング動作も違い能力もこちらが高い、f8あたりが一番シャープに写る感じ。

ボディに装着しての重量は
EF-S18~55mmf3.5~5.6が800g
EF-S24mmf2.8が710gで
90gの差
たった90gですが持ってみて首にかけると随分と重く感じます。

もとより体力がないので撮影機材に限らず
身に装着する物は軽い方が好ましい。
若い頃は自身の体力など考えず
フラッグシップ機に憧れた。

90gの差は大きく体力消耗が随分違う。
旅行にカメラを持ってゆくとなるともっと小さく軽いカメラが良い。

いくらブランド品の名品でも重いラゲッジも好ましくない。
ラゲッジ内のスペースも考慮すると
カメラがもっと小さく軽く、ある程度高性能なのが欲しい。
35mm換算で28mmでAPS-Cならば18mmの焦点距離が好ましい。
ミラーレスはボディは小さいが如何せんレンズが大きすぎるのが好ましくない。
フルサイズデジタル一眼レフは欲しいけど商品撮影だけでよいと思うこの頃です。


冷たい二月の奈良

二月といえば東大寺のお水取り
二月堂のご本尊は絶対秘仏で誰も見てはいけないという
毎年思うのですが
国宝のあの建物とあの松明の火
ヒヤヒヤとします。

東大寺は三月堂、戒壇院、転外門、二月堂から西側へ下る段々道
大好きな場所が多すぎて境内だけで一日すごしたい。

冷たい二月の奈良というのも良いもの

とずっと思っていますが
二月は色々と難儀な仕事が多く
二月の奈良へは一度しか行っていない
あの日は小春日和の暖かい奈良でした。

寒波到来
ジョンストンズカシミヤマフラーが「バーゲンSALEです」に参入

寒波到来
ジョンストンズカシミヤマフラーがSALE参入です。
ジョンストンズカシミヤマフラーブラックウォッチ

ジョンストンズカシミヤマフラーロイヤルスチュワート

ジョンストンズカシミヤマフラーファイフ 

首回りを防備すると体感温度が上昇します
何故なら体温が首回りから逃げないからです。

スピッツと伊東ゆかり
ラブソングス

スピッツと伊東ゆかりのラブソング

スピッツはこの歌
タイトルとおりの別れのラブソング

スピッツ沼にはまり込むキッカケ
聴いて最初に涙の出たスピッツラブソング

ゆかりさんはこのアルバム
タイトルはBeautiful Days 美しき日々
泣かされたのはタイトル曲Beautiful Days
伊東ゆかりにのめり込むキッカケになった
あまりに良すぎてときめいて泣かされて
ゆかりさん散財の元になった悪い曲とアルバム

大人の再会ソング
若い頃恋人だった人と逢うラブソング

Beautiful Daysの裏ジャケは
ソフトフォーカスの蒼いゆかりさん
ゆかりさんの一番きれいなジャケ写真と思う
CDそのものも何とも好みのブルー
蒼いゆかりさんアルバムはLA録音
ゆかりさんは海外ミュージシャンとのセッションは本領を120%発揮する
全て当たりの曲ばかり
レア盤で散財もしましたが
一番大好きな伊東ゆかりです。

好きでもタイプでもない壇蜜が踊るあのレコードプレイヤーと歌

ここ二三日朝ドラで気になるのは
元チキンラーメンでなく
好きでもタイプでもない壇蜜が踊るあのレコードプレイヤーと歌

あれは何というオーディオ機器で歌なのでしょう。

大定番をバーゲンSALEですで選ぶのも良いもの

大定番
品質、色、形 流行など無関係の大定番
時の変化に流れません
言葉を変えると完成された良品
SALEで入手されるのはとても良い選択です。

ペンドルトンロッジシャツブラックウォッチ

ペンドルトンロッジシャツブラックウォッチ
ペンドルトンが長年にわたり毎年コレクションに登場する留柄
いわずとしれた歴史あるレジメントタータン
最も基本的タータンです。

フランネルグレイチャコールのラムズウールVネックカーディガン
大人しい悪く言えば平凡なニットウェアです
ただし違うのは上質さ
最高のラムズウールと目付きの良いニッティングの
ウィリアムロッキーの傑作カーディガンです。
ウィリアムロッキーラムズウールVネックカーディガンフランネル
ウィリアムロッキーラムズウールVネックカーディガンチャコール

ウィリアムロッキーラムズウールVネックカーディガンフランネル
ウィリアムロッキーラムズウールVネックカーディガンチャコール



ジャミーソンズフェアアイルVネックベストグレイレッドネイビー
語り尽くされた感のあるフェアアイルです
このパターンもジャミーソンズ留め柄で
毎年編まれます。

色柄のバランスが良く、可愛い印象もあり
男性女性も年齢も関係なく
コーディネイトの巾も広いフェアアイルベストの逸品です。

ジャミーソンズVネックベストグレイレッドネイビー